• □朝起きてすぐの時や、椅子から立ち上がる時が痛い
  • □同じ姿勢でいると、腰を伸ばす時痛むまたは伸ばせなくなる
  • □出産後、妊娠前になかった腰痛に悩まされている
  • □手で重いものを持ったり、子供を抱きあげるのがツラい
  • □病院・整形外科やマッサージに通っているが、良くならない
  • □何度もぎっくり腰になってしまった
  • □足やおしりにかけてシビレや痛みが出る

ぎっくり腰(急性腰痛)になりやすくなる

自分の身体の荷重を支えられない状態です。ぎっくり腰が慢性化すると、他の腰以外の場所まで痛くなることも。

体型(バランス)が崩れる

腰の筋肉が正常に働かない状態は、骨盤を大きく歪ませてしまいます。結果、女性にとっては最悪の「歪み」、「痛み」、「たるみ」の三重奏を招きます

足やおしりのシビレが出現または強くなる

椎間板ヘルニア・脊柱間狭窄症坐骨神経痛の疑いがあります!早めの対処をお勧めします。

猫背(姿勢)がひどくなる

腰痛から逃れる為に背中や腰を丸めて過ごした結果、猫背になりより腰痛が慢性化する悪循環になります。その場しのぎでなく根本から改善していきましょう。

誰もが腰痛になるわけではない、バランスの崩れが原因です

今までお話ししたように、腰痛の85%は原因の不明なものなのです。ですがそもそもですが、同じお仕事や同じスポーツ、同じ年代であっても腰痛で悩んでいる方、そうでない方がいるのはなぜでしょうか?

もちろん、病気、体質的に骨が弱い場合や事故などの大きな衝撃により腰痛になるケースはあります。

病院でいわれる「年ですね」「加齢ですね」だけでは説明がつきませんし、あきらめるしかないのかということになります。

多くの腰痛の方に共通するのが、骨盤にねじれや高さの差、いわゆる骨盤のゆがみが見られることです。骨盤のゆがみは長年の悪い姿勢や、生活習慣からくるものがほとんどですから、それを改善することは、痛みが出にくい腰を作るのに必要なことなのです。

スポーツもフォームは重要です。トレーニング一つをとっても、悪い姿勢でのトレーニングは筋肉の損傷を招きます。

5年後、10年後に健康な腰であるために、腰痛を根本から改善するために骨盤矯正でバランスを整える

腰痛になった当初はきつい痛みであっても、ぎっくり腰などの原因不明な腰痛はある程度の時間安静を取ることができれば、痛みのレベルが下がってきて日常生活を送れるようになります。

これは症状が小康状態になったにすぎません。また何らかの負担がかかると再び大きな痛みに変わります。

腰痛を何度か繰り返している方はこのパターンです。腰痛の症状は取れているが、原因を改善できていない状態なのです。

原因となるゆがみを取ることは5年後、10年後のために必要だと思いませんか?

腰痛の約8割は原因不明とされています。 
腰のヘルニア(腰痛椎間板ヘルニア)や腰の狭窄症(脊柱管狭窄症)と呼ばれるような病名が付いたとしても、本当にその病気が原因で無いこともあります。

人類が2足歩行をし始めてから腰の部分は荷重のかかる部位になりました、加えて近年の生活の変化により、運動不足や加齢により筋肉の状態がベストでない方が多いです。 

腰痛が慢性化する理由は主に3つあります。 
1つ目の理由として腰痛が治りきっていない状態での負荷の増加
特に椅子での生活では腰にダイレクトに荷重がかかります。
腰痛を悪化させる姿勢の一例として車の運転などがあります。 
2つ目の理由としては、加齢や運動不足などによる筋力の低下です。姿勢を支える為の筋肉も加齢の影響を受けます。

3つ目の理由としては、主に女性に多く見られるもので、腰が原因でなく、骨盤の関節からくる腰痛です。この場合ですと、レントゲンでいくら腰を検査しても悪い原因がわからないことが多いのです。

腰痛の治療で重要なポイントは原因の見極めです。腰痛の痛みが「骨や関節」が原因なのか「筋肉や靭帯」が原因なのか、また「病気」などが原因なのか。 

骨や関節に原因がある場合は、ヘルニアのように痛みが大きく改善にじかんがかかるものが多くあります。加えて、炎症が激しく出ている場合には、筋肉の奥(深層)に熱を持っている場合もあります。 筋肉が原因の場合の多くは、まずマッサージ療法等で筋肉を弛緩させ、緊張が取れたところで骨格矯正を行います。

当院の施術は、本場アメリカの骨格矯正術(カイロプラクティック)がベースとなっているため、痛みがでている部分だけではなく、腰痛の原因の根本から診ていく施術を行います。 痛みの原因に合わせて施術をすることで、痛みや疲れの早期解消を目指しましょう。

病院で腰痛症と言われたらそれは原因不明の腰痛だということです

日本全国で約2800万人の方が腰痛で悩んでいると言われています。

これは肩こりに次ぎ、日本人の悩みであると思われます。

特に40〜60歳代の中高年に多く、その約4割が腰痛に悩んでいると言われています。

しかし、腰痛になり病院(整形外科)に行き、すぐに治っていたとしたら、

こんなに腰痛で悩む方が多くなるわけはありません。

つまり、病院で解決できていない腰痛が多いと言えるのです。

そして腰痛は、治る以前に、

85%は原因すらわからない腰痛であり、

病院での診断名は「腰痛症」となります。

ですから病院で「腰痛症」と言われたら「原因不明なのだ」と思ってください。

整形外科で異常なし、は異常なしではない

85%もの腰痛が「原因不明」で「異常なし」である理由

ある日突然、ぎっくり腰になり立つのもつらい状態で病院に行き、

検査としてレントゲンを撮り、「異常なし」さらにMRI検査もしたのに

「異常なし」

最後に「どこも異常はありません」と医師より言われることがあります。

「こちらはまともに立って歩くこともできないぐらいの状態なのに、

異常がない? そんなことないでしょう!」」

実はこういうやり取りは、よくある話なんです。

レントゲンやMRIで全ての異常がわかるわけではない

病院や整形外科の医師の「異常なし」と患者側の感じる「異常なし」の意味の解釈には大きな違いがあります。

医師の言う「異常なし」は決して「どこも悪いところはない」という意味ではありません、

医師が考える一刻を争う重篤な病気や、レントゲンなどに映る、骨の異常などはない「重篤な異常なし」という意味であるのです。

患者側としては医師は現在の腰痛の治療につながる原因を探してくれることを期待しています。すすめられるままレントゲンやMRIなどを撮れば、どこが痛みの原因なのか、はっきり見つけられるはずだと考えているのですが、その期待に沿った原因が明確になることは少ないのです。

臨時休業のお知らせ

平成28年9月21日(水)を臨時休業いたします。

神戸市須磨区横尾1-5リファーレ横尾内  妙法寺鍼灸整骨院

ご予約はこちら↓↓

078-743-7383

078-743-7383

むちうちの施術動画は↓をクリック